とはサーチ - 様々な言葉の意味を初心者にも分かりやすく解説
このサイトが気に入ったら気軽にシェア・リンクしてください!

SMSとは

ここから本文です

SMS(ショートメール)って何?

SMSとは、ショートメッセージサービス(Short Message Service)の略で、携帯電話(スマホ・ガラケー)の電話番号のみで短文を送受信できるサービスです。

ドコモではショートメール、auではCメールのサービス名で呼ばれる場合もありますが、基本的な仕組みや機能は同じものになります。

SMSの特徴

SMSは携帯電話を契約し電話番号を取得するだけで、特別な申し込みをすることなく簡単にメールを送受信できます。

また、LINEでいう所の既読にあたる送達通知という機能(無料)があり、宛先に無事にメッセージが届いたことを知らせるメールを受け取ることができます。

SMSの文字数と料金

SMSの基本使用料および受信は無料(0円)ですが、送信には文字数に応じて1回あたり3円〜30円の料金が発生します。

おおよそ67文字(全角)ごとに3円(+消費税)なので、ざっくりと計算すると「20文字ごとに1円」と考えれば分かりやすいと思います。

半角文字(カタカナ・英数字)はおよそ2文字で全角1文字分の料金となります。

【SMSの文字数と料金】
文字数(全角) 文字数(半角) 料金(送信)
〜70文字 〜160文字 3円+消費税
〜134文字 〜306文字 6円+消費税
〜201文字 〜459文字 9円+消費税
〜268文字 〜612文字 12円+消費税
〜335文字 〜765文字 15円+消費税
〜402文字 〜918文字 18円+消費税
〜469文字 〜1071文字 21円+消費税
〜536文字 〜1224文字 24円+消費税
〜603文字 〜1377文字 27円+消費税
〜670文字 〜1530文字 30円+消費税

SMSで送受信できる文字数

SMSの送信文字数は長らく上限70文字までに制限されていましたが、ドコモでは2014年10月30日から、auでは2017年5月以降に発売された機種において全角670文字までに引き上げられました。

厳密にはコンカチネーションという技術により67文字を1通として分割送信することで長文メッセージを送る仕組みとなっています。

つまり、670文字の場合は67文字×10通分という扱いになります。

ただし、「他社携帯へ送る場合」「一部の古い機種から送信する場合」「利用するアプリ」によっては、従来通りの70文字が上限となる場合もあります。

絵文字の文字数カウント

SMS(及びMMS)で送れる絵文字は2014年5月からキャリア間の共通化が進みました。(ドコモ・au・ソフトバンク・ウィルコム・イーアクセス・沖縄セルラー)

ただし、SMSで送信できる絵文字には全角文字の2文字分(4バイト)扱いとなるものがあるため、絵文字を含んでいる文章の場合は想定しているよりも文字数が多くカウントされる場合があることに注意が必要です。


SMSの送信制限

SMSで送信できるメールの数は、1日あたり200通までと上限が決められています。

これは迷惑メールに対する規制ですが、注意しなければいけないのは「約67文字ごとに1通とカウントする」という点です。

仮に300文字のSMSを送信すると1回あたり5通分とカウントされる計算になります。

つまり、文字数に換算すると1日あたり凡そ13000文字が上限ということになります。

SMSの料金は無料通信分に含まれる?

SMSの料金はパケ・ホーダイなどのパケット定額サービスやカケホーダイなどの通話定額プランの対象外となります。ただし、ドコモのバリュープランの様な無料通信分には含まれます。

SMSはどういう時に使う?

  • キャリア(ドコモなど)からのお知らせ
  • プリペイド携帯などの無料期間終了のお知らせ
  • 圏外・電源OFF時の不在着信通知
  • SMS認証
  • 2段階認証

SMSは、ドコモ・au・ソフトバンクなどの携帯キャリアからのお知らせに利用されています。

具体的には、「毎月のケータイ料金が確定した際のお知らせ」「プリペイド携帯における電話番号の有効期間終了のお知らせ」などが送信されます。

また、圏外や電源オフの際にかかってきた不在着信の通知、SMS認証・2段階認証などでも広く利用されています。

格安SIMのSMS対応とデータ専用SIMの違い

格安SIM(格安スマホ)には、SMS付きのSIM(SMS対応SIM・音声通話SIM)とSMS未対応のSIM(データ通信専用SIM)があります。

単純に料金だけで比較した場合にSMS機能を付ける必要はないんじゃないかと考える人も多いと思います。

しかし、結論を言えば格安SIMを契約する場合は「SMSなし」よりも「SMSあり」を選択した方が無難だと言えます。


格安SIMにSMS機能が必要な理由

理由1)LINEの登録に必要

LINEやSNS系アプリの登録にはSMS認証による本人確認が必須です。

SMSはケータイメールやEメールと違い簡単に変更することができないため、様々なサービスでのユーザー認証で必要になってきます。

理由2)アンテナピクト問題

格安SIMのデータ通信専用SIMに特有の現象としてアンテナピクト問題というものがあります。

これは音声通話用の電波をうまくキャッチすることができずに常に圏外表示になってしまうという現象です。

この問題はiPhoneでは比較的発生しにくいようですが、SIMフリーのアンドロイド機種での報告が多くなっているようです。

理由3)セルスタンバイ問題

さらに、音声通話用の電波を掴むために頻繁に通信を繰り返すことで異常な速度でバッテリーを消耗してしまうという現象が引き起こされる場合があります。

これがセルスタンバイ問題と呼ばれる現象で、格安SIMや格安スマホ特有の現象としてしばしば問題となっているのです。

そして、この問題を解決するための一番簡単な方法が「SMS対応のSIMカードを使用する」ということなのです。

理由4)2段階認証に必要

スマホが普及して以降、多くのSNSやWebサービスでセキュリティの向上を目的とした2段階認証が採用されるケースが増えてきました。

2段階認証は、ドコモのdアカウントやGoogleの提供するサービス(Gmailなど)で利用するシーンが多いと思いますが、SMSを利用した2段階認証が最も手軽な方法として世界的に普及しています。

理由5)SIM交換には2000円ほど必要になる

一旦データ通信専用SIMで契約して、後々SMS対応SIMに変更しようとすると、SIMカードの交換手数料として2000円程度の費用が発生します。

また、電話番号も変更になってしまうため月額100円から200円ほどの差額であれば最初からSMS対応SIMで契約してしまった方が無難なのではないでしょうか。



カテゴリ・検索

新着キーワード(1)

人気のスマホ用語(1)

人気のスマホ用語(2)

学ぶ SNS

学ぶ スマホ・iPhone

学ぶ アプリ

学ぶ 格安SIM

学ぶ SIMフリー

学ぶ アカウント

学ぶ モバイル通信

学ぶ OS

学ぶ ストレージ

ブログ・SNSの関連ワード