円安とは

円安とは、ドル・ユーロなどの外国通貨に対して円の価値が低くなることを言う。

例えば、1ドル=100円だったのが1ドル=120円になった時、円安ドル高になったと表現します。
1ドルが100円で買えていたのに、今は120円必要になったと解釈すれば理解しやすいでしょう。

円安の影響

2012年12月26日に安倍晋三氏が内閣総理大臣に再就任した事により、アベノミクスという言葉がたびたびニュースや新聞で取り上げられる様になりました。

安倍政権の掲げる経済政策が円安を誘導したと評価されています。果たして円安は日本経済にとってメリットとデメリットのどちらが大きいのでしょうか? 次のページも参考にするとより理解が深まります。円高のメリット・デメリット 円高の影響

円安のメリット

円安のデメリット

円安の原因・理由

簡単に言えば、買われた通貨が高くなり、売られた通貨が安くなるというのが為替相場の仕組みです。

つまり、円安の理由とは、”様々な要因によって円が売られたから”、と言えます。

この、様々な要因、つまり為替相場を動かす理由については以下の様な説があります。


円安に関連するワード


学ぶ 円高・円安

学ぶ 投資・マネー

学ぶ 投資・マネー(2)

学ぶ 世界経済

学ぶ 経済用語