とはサーチ - 様々な言葉の意味を初心者にも分かりやすく解説
【とはサーチ】は2020年10月で10周年を迎えました!

今がネット社会であることを痛感できる厳選11ワード

【IoTとは】

IoTとは通称”モノのインターネット”と呼ばれる技術で、今まではパソコンやスマートフォンでしか繋げなかったインターネットに「ありとあらゆるモノを繋いで便利にしてしまおう」という画期的な技術のことです。2014年ごろから急速な勢いで注目を集め、企業はもちろんの事、政府や国家までもが政策の一環として多額の予算を設けIoT社会の実現を目指しています。続きを読む


【SNSとは】

SNSとは、スマホやパソコンを使って人間関係を構築することのできるオンライン上のコミュニティサービスの総称です。SNS初心者のためにSNSのやり方・登録方法・始めるための5ステップを解説。SNSの意味・種類・仕組み・簡単に見る方法などSNSの基本をわかりやすく解説します。続きを読む



【ビットコインとは】

ビットコインとは、ナカモト・サトシという人が考案した仮想通貨(デジタル通貨)のこと。最近、テレビやネットで話題のビットコイン。世界が注目していて社会問題化しているのは何となく分かるけど、いまいちよく理解できない。しょせん、ただのバーチャルなコインにすぎないんじゃないのか?そんな皆さんの疑問に以下よりやさしく丁寧に解説していきます。続きを読む


【クラウドとは】

IT時代、スマホ時代の昨今、よく耳にするようになったクラウドという言葉。実はこれ、2種類の意味で使われています。cloud(雲)とcrowd(群衆)という2つの意味で使われているのですが、カタカナにするとどちらも”クラウド”となってしまうので混乱している人が多いようです。そこで改めてクラウドについて分かりやすくまとめてみました。続きを読む


【スマートテレビとは】

スマートテレビとは、従来のテレビにパソコンやインターネットの機能を加え、さらにそれを発展させたものです。2011年1月にラスベガスで開催された世界最大の家電ショー”International CES”でサムスン電子やLG電子がテレビの未来形として紹介したのをきっかけに一気にスマートテレビという言葉が広まりました。続きを読む



【クラウドファンディングとは】

クラウド・ファンディングとは、インターネットを用いて不特定多数の一般個人から少額の資金を集める、資金調達法のことである。群衆を意味するクラウド(crowd)と資金調達を意味するファンディング(funding)を組み合わせた造語。出資の対価(リターン)によって5種類に大別される。続きを読む


【クラウドソーシングとは】

クラウドソーシングとは、インターネットを介して不特定多数の人に業務参加やアイデアを募集し、最もニーズに合った人材に業務を委託するという外部委託の形式です。ITやICT技術の発展により生まれた新しい雇用形態の一種とも考えられ、群衆を意味するクラウド(crowd)と外部委託を意味するアウトソーシング(outsourcing)を合わせた造語です。続きを読む


【ユビキタスとは】

ユビキタスとは、コンピュータやネットワークが生活に溶け込んでいる状態のこと。厳密には、ユビキタス(ubiquitous)とは「時間」や「場所」や「人」を選ばず、意識することなく溶け込んでいる状態そのものを意味するが、昨今では特にIT分野の用語として広く定着しています。 近年ではスマートフォンの普及によりIoTやクラウドという似た概念も登場しています。続きを読む


【IDとは】

IDとはIdentification(アイデンティフィケーション)の略で、主にスマートフォンやパソコンを使ってWebサービス・SNS等を利用する際に個人を識別するための符号です。 サービスによってはユーザーIDやユーザー名という呼び方をする場合がありますが、いずれも半角の英数字をを組み合わせて他人と重複しない文字列を使うのが一般的です。続きを読む


【ログインとは】

ログインとは、スマホやパソコンを使っていろいろなサービスを利用する時に必要になる認証作業のことです。もっとわかりやすく説明すると、本人確認と同じような意味になります。初心者の方向けに「ログインするまでの手順」と「ログインするとどうなるのか?」といった基本を丁寧に説明します。続きを読む


【アカウントとは】

アカウントとは、スマホやパソコンを使っていく上で必要になってくる「権利」のことです。ネット初心者にもわかりやすく日本語に言い換えると「会員登録」みたいな意味です。例えるなら、いろいろなサービスを使うための個人情報が入った「自分専用の部屋」を利用する「利用権」のようなもの…続きを読む


カテゴリ・検索

新着キーワード(1)

新着キーワード(2)

人気キーワード(1)

人気キーワード(2)

人気の経済ビジネス用語

学ぶ 〇〇の違い