とはサーチ - 様々な言葉の意味を初心者にも分かりやすく解説
このサイトが気に入ったら気軽にシェア・リンクしてください!

投資に興味がある人にまずは読んでほしい厳選11ワード

【日経平均とは】

日経平均株価とは、日本を代表する225銘柄から算出された株価指数のこと。具体的には、約1700ある東証一部上場企業の中から225銘柄を選び出し、ダウ式平均法を使い算出します。1950年に東京証券取引所が計算を開始したのが始まりで、TOPIXと併せて日本を代表する株価指標です。日本の景気を判断する上での重要な指標として、日々ニュースや新聞などで取り上げられています。続きを読む


【ビットコインとは】

ビットコインとは、ナカモト・サトシという人が考案した仮想通貨(デジタル通貨)のこと。最近、テレビやネットで話題のビットコイン。世界が注目していて社会問題化しているのは何となく分かるけど、いまいちよく理解できない。しょせん、ただのバーチャルなコインにすぎないんじゃないのか?そんな皆さんの疑問に以下よりやさしく丁寧に解説していきます。続きを読む



【デイトレードとは】

デイトレードとは、FXや株においてその日のうちに手仕舞いをする短期取引のことを指す。スキャルピングやスイングトレードなどを含めた短期売買のことを一括りにして”デイトレード”と呼ぶ場合もあるが、厳密にはオーバーナイトポジション(夜をまたぐポジション)を持たない取引のことをデイトレードと呼ぶ。また、デイトレードを略して”デイトレ”とも呼び、続きを読む


【FXとは】

FX(エフエックス)という言葉をよく見かけます。「主婦やサラリーマンでも簡単に始められる」とか、「お小遣い稼ぎから本格的な資産運用までその人の目的にあった投資ができる」と書かれていて、少し興味を持ちました。ですが、いざ勉強してみようと思うと専門用語が多くて理解できません。どうか、こんな私にも理解できるよう、FXの仕組みをできるだけ簡単にわかりやすく教えてください。続きを読む


【NISAとは】

NISAとは、2014年1月から始まった小額の投資を対象にした非課税制度のこと。 具体的には、年間100万円の投資額を限度として、株や投資信託などの取引で得た譲渡所得と配当所得が非課税になります。こうした所得には本来20%の所得税がかかりますが、2003年に導入された10%への軽減制度が2013年末で終了しました。そこで、この制度の後継として導入されたのが小額投資非課税制度(NISA)なのです。続きを読む



【ヘッジファンドとは】

ヘッジファンドとは、様々な手法を用いて利益を追求する投機的なファンドのこと。公募により資金を集める投資信託とは異なり、機関投資家や富裕層等から私的に集めた資金を、デリバティブや空売りを含めた様々な手法で運用するファンドを意味する。投機的なスタイルで利益を追求するという特徴があり、相場の乱高下を加速させる要因になっているとして問題になることも多い。 続きを読む


【リスクとは】

リスクとは、一般には投資やビジネスにおいて損失を被る危険性(可能性)と解釈されている。厳密には、”危険性”という意味で用いられる分野と、結果が予測しにくいという”不確実性”の意味で使われる分野がある。不確実性という意味でのリスクは経済学、特にFXやデリバティブなど金融分野で用いられることが多い。しかし、明確に区別するために…続きを読む


【円高のメリット】

アベノミクス政策を追い風に120円台にまで回復したドル円相場でしたが、2016年に入ってから再び円高方向に傾きつつあります。ニュースでは度々円高が取り沙汰され、とかくマイナスなイメージ取り上げられることが多くなっています。しかし、本当のところ円高はメリットとデメリット、どちらが大きいのでしょう?一度円高のメリット・デメリットをまとめてみたいと思います。続きを読む


【円高の原因】

円高の原因には貿易によるものと投機によるものがありますが、最も大きな影響を及ぼしているのがFXや株などの金融商品によるものだと言われています。その他にも人災・天災といった特殊要因が複雑にからみあい円高という結果を引き起こしているのです。ドル円やユーロ円など、2国間の通貨の交換比率のことを為替レートと呼びますが、この為替レートを動かす要因には大きく分けて…続きを読む


【円高の影響】

2007年のサブプライム問題、2008年のリーマンショックと世界的な金融不安が起こり、それをきっかけとして長期に及ぶ円高トレンドが続いています。円高不況だ、円高対策だと巷では騒がれていますが、本当に円高は日本にとって悪い影響を与えているのでしょうか?先入観を持たずに社会を見渡すと、円高の意外な影響が見えてくるかもしれません。円高の影響をまとめてみました。続きを読む


【為替介入とは】

為替介入とは、為替レートの過度な変動を防ぐ目的で各国の中央銀行(日本であれば日銀)が行う通貨取引のこと。為替レートは二国間の貿易収支に直接影響を及ぼすため、しばしば相手国(主に米国)から批判の的にされる。正式には”外国為替平衡操作”(がいこくかわせへいこうそうさ)と言い、別名”市場介入”とも呼ばれる。続きを読む


カテゴリ・検索

新着キーワード(1)

新着キーワード(2)

人気のスマホ用語(1)

人気のスマホ用語(2)

人気の経済ビジネス用語

学ぶ 〇〇の違い