アプリケーションとは

アプリケーションとは、具体的な作業をするためのソフトウェアのこと。

アプリケーション(Application)とは、OS上にインストールして利用するソフトウェア全般のことを意味する言葉です。

メモ帳などの簡易なものからエクセルやワード・スカイプ・ブラウザなど、規模の大小を問わず「具体的な作業を目的としているソフト」は全てアプリケーションだと言えます。

また、アプリケーションにより作り出された情報のことをコンテンツと表現する事があります。

スマホにも入ってるアプリケーション

昨今ではスマートフォンの登場をきっかけとして、アプリケーションをアプリと略す傾向が強いですが、パソコンやインターネットの世界ではむしろソフトと略されてきた歴史があります。

エクセルは表計算アプリではなく表計算ソフト、ワードは文書作成アプリではなく文書作成ソフトと呼ぶほうが一般的です。

また、アプリケーションの機能を後から補うために追加されるソフトもあり、こちらはアドオンやプラグインと呼ばれています。

アプリケーションはOSごとに作られる

アプリケーションを動かすには、その元となるソフト=OSが必要です。

パソコンで言えばWindowsやMac・UNIX、スマートフォンで言えばアンドロイドやiOS(アイフォンのOS)がそれに当たりますが、アプリケーションはそのOSごとに作らなければいけません。

「ゲーム機とゲームソフトの関係」に似ていると考えれば分かりやすいと思います。

つまり、より普及したOSに対してアプリも作られるため、パソコン市場ではWindowsが、スマートフォン市場ではアンドロイドがアプリケーション作りの最も活性化する土台となるわけです。


学ぶ ネット用語