とはサーチ - 様々な言葉の意味を初心者にも分かりやすく解説
【とはサーチ】は2022年10月で12周年!!

アップロードの方法(スマホで写真)を4ステップで解説

2022年11月23日 [更新]
目次
ここから本文です

アップロードってどうするの?

「iPhoneで撮影した写真」や「Androidで作成した画像」をアップロードしたいけどやり方がわかりません。

そんな初心者の方のために、アップロードの仕方を入門レベルから簡単にわかりやすく解説します。

注)アップロードとは、手元のデバイスからネット上にファイルをコピーすること。

アップロードするための4ステップ

アップロードのやり方は「@アップロードしたいデータを用意する」「Aアップロードするためのアプリを入れる」「Bアプリにログインする」「C手順に従ってアップロードする」の4ステップに従うのが基本となります。

@ アップロードしたいデータを用意する

アップロードするための最初のステップは「アップロードしたいデータを用意する」ところからです。

写真を送りたい場合はスマホで写真を撮影して保存します。

パソコンで画像などのファイルを送りたい場合はそれを覚えやすい名前のフォルダに保存します。

ここで重要なのは「写真や画像などを保存した場所を覚えておく」ということです。

A アップロードするためのアプリを入れる

次にアップロードするためのアプリをスマホにインストールします。

Googleドライブ・Googleフォト・ツイッター・インスタグラムなど、アップロードする場所となるアプリを事前にインストールします。

iPhoneやiPadからiCloudに写真をアップロードしたい場合は「Apple ID → iCloud → 写真」と選択していき、iCloud写真をONにするだけで準備は完了します。


B アプリにログインする

アップロードする先が各種SNSやGoogleドライブ・Googleフォトの場合は、事前にメールアドレスを用意してアカウントを作成しておきます。

アカウントが取得できたらアプリにIDとパスワードを入力し、ログインします。

通常、SNSやクラウドなど個人的なファイルをアップロードするサービスでは、必ずアカウントを取得する必要があります。

C 手順に従ってアップロードする

アップロードしたいアプリをインストールしログインが完了したら、各アプリのヘルプページなどを参考に手順に従ってアップロードします。

一般的には、「+(プラス)」と書かれたアイコンをタップするとアップロードしたいファイルを選択する画面が出てきます。

カメラのアイコンをタップするとその場でアップロードしたい写真を撮影することができます。

アップロードに失敗したら?

各種アプリには、「一度にアップロードできるデータ容量(サイズ)」と「クラウド上のストレージ容量」が予め決められています。

ファイルのアップロードに失敗した場合は、このどちらかが上限を超えていないか確認をしましょう。

また、各種クラウドは無料でも利用できますが、月額100円から1000円程度の料金を支払うとストレージ容量を増やせる有料プランも存在します。

こちらも読まれています - 人気の関連ページ

【アップロードとは】

アップロードとは、スマホやパソコンなどからSNS等にファイルを送信することを言います。写真・画像・動画・音声・テキストなどファイルの種類に関わらず、手元の端末・デバイスからインターネットを介してサーバーに送ること全般を意味します。平たい表現として、「上げる」「アップする」「うp」などのネットスラングもあります続きを読む



目次

カテゴリ・検索

学ぶ インストールとダウンロード

学ぶ OS

学ぶ Eメール