ブラウザとは

ブラウザとは、ホームページを見るためのソフトのこと。

ブラウザとは、browse(拾い読み)という言葉が元になっていて、そもそもはパソコン上の色々なファイルを見るためのソフト全般のことを意味しています。つまり、何を見るかによって画像ブラウザやテキストブラウザ、ファイルブラウザなど色々な種類があったのです。しかし、インターネットの普及にともない、ウェブサイト(ホームページ)を閲覧するためのウェブブラウザが急速に浸透しはじめ、「ブラウザといえばウェブブラウザのこと」という常識ができあがったのです。

ブラウザには様々な種類がある

世界で一番利用者の多いブラウザはインターネットエクスプローラーです。windowsパソコンには標準で入っているので、他のブラウザを新たにインストールしなければほとんどの人はIEを使っているはずです。青いeのアイコンのソレです。パソコン初心者はブラウザというとIEのことだと思っている人が多いようですが、実は他にも色んなブラウザがあるんですよ。様々なアドオンを追加することで機能を追加できるファイヤーフォックス、世界一の高速をウリにしているgoogleクローム、Opera(オペラ)・Safari(サファリ)なんかが有名です。

携帯やスマートフォンに入ってるブラウザ

また、ブラウザはパソコンだけのものではありません。アイフォンをはじめ、ほとんどの携帯・スマートフォンにアプリとして入っています。昔の携帯はフルブラウザといってもパソコン用のサイトを完全に表示できなかったのですが、今ではスマートフォンの登場によりPCとほとんど同じ様に見れるまでに進化しました。


学ぶ スマホ用語

スポンサード リンク



サイト内検索

訪問数ランキング (2014年10月)

新着キーワード

学ぶ PC用語

学ぶ WEB用語