とはサーチ - 様々な言葉の意味を初心者にも分かりやすく解説
【とはサーチ】は2021年10月で11周年を迎えました!

アップデートとは?しないとどうなる?料金は無料?

2022年1月18日 [更新]
ここから本文です

アップデートは絶対するべき?

iPhoneやAndroidなどのスマホを使っていて頻繁に通知されるアップデートの文字に「アップデートって何?」「料金かかるの?」と疑問を持った人も多いと思います。

アップデートの更新通知を無視したまま、アプリを使い続けている人も多いかもしれません。

このページでは「@アップデートの必要性」「Aしないで使うとどうなるのか?」「Bアップデートする時の注意点」についてスマホ初心者にもわかりやすく解説していきます。

アップデートとは
アップデートしないとどうなる   

アップデートの意味

アップデートとは、ソフトウェアを更新してスマホのシステムを最新の状態にすることです。

具体的には、OS・アプリの機能追加・セキュリティの向上を目的としてソフトウェアを追加したり修正したりすることを意味します。

また、大規模なOSのアップデートの場合はバージョンアップと呼ばれ、iOS14からiOS15になるように数字が変更されます。ちなみにアップデート料金は無料であることがほとんどです。

アップデートしないとどうなる?

まず、アップデートしないとどうなってしまうのか?という素朴な疑問から解決していきましょう。

ソフトウェアアップデートやアプリ更新をしないままスマホを放置しておくと、3つの問題が発生します。

1)セキュリティ的に弱くなる

アップデートしないデメリットとして一番大きなものはセキュリティの問題です。

ネット上では日々新しいウイルスやマルウェアが生まれているため、OSを最新の状態にしていないとこうしたウイルスなどに感染するリスクが高まります。

2)細かい不具合が修正されない

また、OSやアプリには特定の条件下でフリーズしたり強制終了されるといった不具合がつきもので、アップデートしないとこうした不具合が修正されないままになってしまいます。

3)最新の機能が使えない

最新の機能が使えないというのはセキュリティや不具合の問題に比べれば大きな問題とは言えません。

ただ、LINEやTwitterなどのSNS系アプリにおいては、流行から取り残されることで周りのユーザーと馴染めなくなってしまう可能性もあるため、こうしたアプリを日常的に使用する若年層にとっては重要なことでしょう。

アップデートするとどうなる?

次は、逆にアップデートするとどうなるのか?という視点で考えてみることにしましょう。

当然のことですが、先ほど解説した3つの問題点「セキュリティの問題」「細かい不具合」「最新の機能」についてはアップデートすることで解決できるわけです。

これだけであれば何も迷うことなく皆アップデートするのですが、残念ながらアップデートにもデメリットは存在します。


1)ストレージ容量を圧迫する

アップデートをするという事は基本的にソフトウェアの追加を意味します。

つまり、OSやアプリのサイズが大きくなってしまうため、それだけストレージ容量を消費してしまうのです。

そのためインストールしているアプリの数が多ければ多いほどストレージ容量は圧迫され、常に容量不足に悩まされるなど使い勝手が悪くなってしまいます。

2)スマホの動きが遅くなる

また、OSやアプリの機能が最新になることによってスマホの動きが遅くなってしまう場合もあります。

特に、一部のアンドロイド端末のような低価格・低スペックのデバイスを使用している場合は要注意です。

先ほどのストレージ容量の不足もスマホの動作を悪化させる一因だと考えられています。

3)不具合が発生する

おかしな話ですが、アップデートしたことが原因で不具合が発生することもあります。

もちろん、当初予定していた不具合の解消はできるのですが、それをしたことによって新たな不具合が発生してしまう、という事もソフトウェアの世界では日常茶飯事なのです。

アップデートしなくていいけど?

実はスマホやパソコンのシステムは常に不完全なんです。

テレビや冷蔵庫、炊飯器などの家電をはじめ、従来型の携帯電話であるガラケーには完全なシステムが使われていました。

完全なシステムとは、アップデートする必要がない代わりに新しい機能を使いたいと思ったら買い換える以外に方法のない仕組みです。

不完全さを補うのがアップデート

しかし、スマホはアップデートするだけで常に最新の状態にできて新しい機能も使えるわけです。

アプリのバージョンを新しくするたびにスマホを買い換えなくてもいいのです。

悪く言えば「常に未完成で不完全」ですが、良く言えば「柔軟性があっていつでも最新にできる」とも表現できるわけです。

結局アップデートはするべきなの?

ここまでの解説でアップデートにもメリット・デメリットがあることは分かりました。

では結局アップデートはした方がいいのか、しなくてもいいのか?一般的には特にセキュリティ面からアップデートは推奨されてるわけで、やはりしないよりはした方が無難と言えるでしょう。

ただし、そこまで急ぐ必要もなく、アップデート後の不具合が報告されないかある程度様子をみてからインストールしても十分間に合うのではないでしょうか。

アップデートする時の注意点

では、ここからは実際にアップデートをする際に気をつけたい注意事項を解説していきます。

アップデートをきっかけに問題やトラブルに見舞われる人が少なくないため事前に対処しておくことが重要です。

1)アップデートは無料でも通信料がかかる

まず、アップデートは無料で行えるケースがほとんどですが、ダウンロードの際にデータ量に応じた通信料金がかかる点に注意が必要です。

そのため、料金がどのくらい発生するか気になる方は4G・5G・LTEなどの回線よりもWi-Fi環境で行う方がギガを節約できて良いでしょう。

2) ストレージ不足にはクラウドを活用しよう

次に、アップデートは新しいソフトウェアをデバイスに追加するため、ストレージの空き容量が不足していると失敗してしまいます。

対処法としては、iCloudなどのクラウドに保存してスマホ本体のデータを削除する方法です。

最もストレージ容量を消費するのは写真や動画なので、GB(ギガバイト)単位で保存できるGoogleフォトやAmazonフォトがおすすめです。

3) アップデート中はスマホが使えない

また、アップデートには30分〜60分前後の時間がかかるため、終了するまではスマホを一切操作できなくなることに注意が必要です。

LINEやメールの受信はもちろん、電話の着信に応答したり全ての操作ができなくなります。

そのため、アップデートは就寝中・入浴中などスマホを触らない空き時間に行うのがベターだと言えます。

4) バッテリー切れになると失敗します

さらに、アップデートの途中で万が一バッテリー切れを起こすとアップデートが失敗し、スマホのシステムに深刻なエラーを引き起こす可能性があります。

そのため、アップデートを行う際は充電ケーブルを挿した状態で行うのが望ましいとされています。

5) データが消える可能性がある

最後に、同じアップデートであっても個々の環境は千差万別なため、アップデートには不測の事態がつきものです。

最悪の場合には「写真・画像」「LINEのトーク履歴」「ゲームアプリのユーザーデータ」など何らかのデータが消えてしまう恐れもあります。

こうした最悪のケースをさけるために、アップデートの前には必ずバックアップをとるのを忘れないようにしましょう。

まとめ

以上、「アップデートって何ですか?」「アップデートの意味を教えてください」という初心者のためにわかりやすく解説してみました。

関連ページでは「インストールとダウンロードの違い」や「バックアップする方法」についても解説していますので、さらに理解を深めたい方は参考にしてみて下さい。

【バックアップとは】

バックアップとは、スマホやパソコンなどのデータを本体とは別の場所にコピーして保存することを意味します。作成したバックアップファイルを略してバックアップと表現する場合もあります。バックアップの方法・料金・必要性について解説しています。続きを読む


【インストールとダウンロードの違い】

「アプリをダウンロード」と「アプリをインストール」の違い、はっきりと分かっていますか?アプリはダウンロードしただけでは使えず、インストールして初めてちゃんと使える状態になります。ダウンロードは自分のスマホに入れること、インストールはそれを使える状態にすること、なのです。続きを読む


【インストールする時の注意点】

iPhoneやAndroidデバイスにアプリをインストールする際、「○○へのアクセスを許可しますか?」「次へのアクセスが必要」といった画面が現れると思います。なぜこのアプリでこの許可が必要なの?と思うような不自然なアクセス許可を発見したら一度インストールを中止してそのアプリの…続きを読む



カテゴリ・検索

新着キーワード(1)

新着キーワード(2)

人気キーワード(1)

人気キーワード(2)

学ぶ SNS

学ぶ Eメール

学ぶ モバイル通信

学ぶ Web(ウェブ)

学ぶ アプリ

学ぶ OS

学ぶ スマホとアイフォン

学ぶ アカウント(1)

学ぶ インストールとダウンロード

学ぶ オンライン

学ぶ チャット

学ぶ LINE(ライン)