とはサーチ - 様々な言葉の意味を初心者にも分かりやすく解説
【とはサーチ】は2020年10月で10周年を迎えました!

デバイスとは何か?超がつくほどわかりやすく解説

2021年6月9日 [更新]
ここから本文です

デバイスって結局なに?

スマホやパソコンなどのデジタル機器を使っていると「デバイス」という言葉をたびたび目にします。

「お使いのデバイス」
とか「新しいデバイス」と言われても、結局それが何のことを指しているのか意味がわからないまま作業を続けている人も多いのではないでしょうか?

そこでこのページでは、「そもそもデバイスとは何なのか?」を解説したあと、「デバイスにまつわるトラブルの具体例」を取り上げ一つ一つ解決策を提示していきたいと思います。

デバイスには、3種類の意味がある。

デバイスとは、ざっくり言えば「スマホ本体とそのまわりの色んな周辺機器」のことです。

パソコンやタブレットなどそれ単体で使いみちのはっきりしている情報端末はもちろんのこと、ワイヤレスイヤホン・スピーカー・Webカメラなどの外部機器もすべてデバイスと表現できるのです。

本体・内部・外部のデバイス

また、カメラ・マイク・ストレージをはじめとして指紋認証センサーなどの各種センサー類を含め、スマートフォン本体を構成する部品一つ一つがデバイスなのです。

つまり、デバイスとは「スマホ・パソコン本体を中心とした、その内部や外部にあるさまざまなハードウェアの総称」と言い換えることができます。

デバイスで困ったときの考え方

スマホやパソコンを使っていて「デバイスを接続できません」「デバイスが認識されません」といったエラーが表示されたときの対処法には簡単なコツがあります。

それは、「ハードウェアの問題」と「ソフトウェアの問題」「通信ネットワークの問題」の3つに分けて考えることです。

1)ハードウェアの問題

「ハードウェアの問題」とは、「電源が入っているか?」「ケーブルが正しく接続されているか?」「接触不良はないか?」「端子の種類や規格は合っているか?(互換性)」「コネクタの接触部分が劣化していないか?」といった「デバイスそのものの不具合」のことです。

「ハードウェアの問題」はぱっと見で分かることも多いので、まずはこれらの問題から確認すると短時間で問題を解決できます。

2)ソフトウェアの問題

「ソフトウェアの問題」とは、「OSやシステムが古い」「ドライバ等を正しくインストールできていない」「ウイルス対策ソフトが邪魔をしている」「アプリの設定が正しくない」といった類の問題です。

100%解決できるとは限らない

「ソフトウェアの問題」は「デバイスの再起動」や「OSのアップデート」など単純な対処で解決できる場合もあれば、メーカー側がまだ認識できていない「未知の不具合」などもあります。

そのため、時間をかけても100%解決できるとは限らないため、時にはあきらめて別の機器を購入するなどした方が良い場合もあります。

3)通信ネットワークの問題

「通信ネットワークの問題」とは、大きく分けるとWi-Fi(ワイファイ)とBluetooth(ブルートゥース)の問題の2種類を指します。

クロームキャストやプリンターの場合はWiFi、イヤホンやヘッドセットなどの場合はBluetooth接続になる製品が多いのでまずはどちらに対応しているかを確認しましょう。

Wi-FiとBluetoothをチェックしよう

その上で、Wi-Fi機器の場合はきちんと全ての機器が同じWi-Fiネットワークに繋がっているかどうかをチェックします。

Bluetooth機器の場合は「ペアリングが正しくできているか?」「他のデバイスに接続されていないか?」「Bluetoothのバージョン・プロファイルが一致しているか?」といった点を確認します。

デバイスの初期設定

デバイスの追加

「Googleアカウント」や「Apple ID」などでは、iPhoneとAndroidといった別々のスマホから同じアカウントにログイン(サインイン)することにより、一つのアカウントに複数のデバイスを追加することができます。

デバイスを追加することで、個人情報やアプリ・購入したコンテンツなどを複数のデバイスで共有することができます。

デバイスの一覧は「お使いのデバイス」で確認することができます。

デバイスの登録

「Amazonプライムビデオ」などのオンラインサービスでは複数のデバイスを登録することができます。

この場合のデバイスとは、スマホ・タブレット・パソコン・「Fire TV Stick」などのことです。

デバイスを登録することにより、家族で同時視聴が可能になります。

デバイスの削除

デバイスから削除するとどうなる?

Googleフォトなどのクラウド系アプリで「このデバイスから削除」をした場合どうなるのでしょうか?

この場合のデバイスとは、iPhoneやiPadなどの手元にある端末のことを指しています。

つまり、写真などを「デバイスから削除」した場合、スマホ本体からは削除されますがクラウド上にはバックアップされたファイルが残ることになります。

デバイスから削除すると空き容量を増やせます

Googleフォトのアカウントを確認すると、「このデバイスから○○個のファイルを削除できます」と表示されることがあります。

この表示をタップし削除を実行すると、スマホ本体のストレージからファイルを削除することになり空き容量を増やすことができます。

削除してもクラウドにバックアップが残ります

削除したファイルはGoogleアカウントにバックアップされているためクラウド上にコピーが保存されています。

ただし、Googleアカウントにログインできなくなるとファイルにアクセスできなくなるため、ID(Gmailアドレス)とパスワードは忘れずに保存しておく必要があります。

iPhoneの「探す」でデバイスの削除

「探す」アプリで「デバイスを消去」すると、iPhoneやiPadなどに入っているデータが初期化されてしまいます。

初期化されると工場出荷時の状態に戻るため、写真・動画・メール・アプリ・連絡先などほとんどのデータが削除され購入時の状態に戻ってしまいます。

デバイスを消去する前にバックアップを忘れずに!

iPhoneのバッテリー交換・修理を依頼する時などに、「探す」アプリで「デバイスを消去」する必要のある時は、事前にiCloudなどを利用してデータのバックアップをとっておかないと元に戻せなくなってしまうため注意しましょう。

対応デバイスではありません

「対応デバイスではありません」といったメッセージが表示されアプリのインストールができない場合はいくつかの原因が考えられます。

インストールできない最も多い理由は、「OSが対応していない」「OSのバージョンが古い」といったものです。

アプリの中には、iPhone用のiOSアプリしか公開されていないものがあります。

お使いのスマホがアンドロイドの場合はGoogle PlayなどAndroidアプリを扱うストアからダウンロードする必要があります。

アプリとデバイスの互換性をチェックしよう

また、仮にOSが対応していたとしても、バージョンが古すぎる場合なども未対応扱いになっている場合があります。

OSが対応しているはずなのにインストールできない場合はアプリの情報を確認してみましょう。

互換性などの欄に「iOS 11.0以降が必要です。」といった注意書きがされている場合は、それより古いバージョンは「未対応デバイス」という扱いになってしまいます。


【クラウドとは】

IT時代、スマホ時代の昨今、よく耳にするようになったクラウドという言葉。実はこれ、2種類の意味で使われています。cloud(雲)とcrowd(群衆)という2つの意味で使われているのですが、カタカナにするとどちらも”クラウド”となってしまうので混乱している人が多いようです。そこで改めてクラウドについて分かりやすくまとめてみました。続きを読む


【アカウントとは】

アカウントとは、スマホやパソコンを使っていく上で必要になってくる「権利」のことです。ネット初心者にもわかりやすく日本語に言い換えると「会員登録」みたいな意味です。例えるなら、いろいろなサービスを使うための個人情報が入った「自分専用の部屋」を利用する「利用権」のようなもの…続きを読む


【インストールとダウンロードの違い】

「アプリをダウンロード」と「アプリをインストール」の違い、はっきりと分かっていますか?アプリはダウンロードしただけでは使えず、インストールして初めてちゃんと使える状態になります。ダウンロードは自分のスマホに入れること、インストールはそれを使える状態にすること、なのです。続きを読む


カテゴリ・検索

新着キーワード(1)

新着キーワード(2)

人気キーワード(1)

人気キーワード(2)

学ぶ インストールとダウンロード

学ぶ OS

学ぶ モバイル通信

学ぶ Eメール

学ぶ アプリ

学ぶ オンライン

学ぶ IT用語