アドオンとは

アドオン(add-on)とは、ソフトウェアに後から追加できる拡張機能の意味である。

具体的には、アプリケーションの機能を追加する目的で作成されるソフトウェアのことである。代表的な例としては、ブラウザに追加されるプラグイン(plug-in)などがある。別名、アドイン(add-in)とも呼ばれる。


日本語では拡張パックと翻訳される。

その他にも、拡張パッケージ・パワーアップキット・アペンドディスクなどの呼び方があるが、主にパソコンソフトやゲームソフトの分野で使われる用語である。

アドオンの管理とは

Internet Explorerやgoogle chromeなどブラウザにはアドオンの管理という機能が備わっている。各ブラウザーによって多少異なるが、アドオンの管理には以下のような機能がある。

アドオンの無効

不必要であったり、問題が発生するアドオンを無効にできます。削除とは違い一時的に無効とするだけなので、いつでも有効に戻すことができます。

アドオンの削除

使わないアドオンをブラウザから完全に削除します。

アドオンの有効

一旦無効にしたアドオンを再び使用するにはアドオンの有効を選択します。

アドオンの更新

ActiveX コントロールなどどうしても必要のあるアドオンに不具合がある場合、最新版の更新を試すことができます。

アドオンの報告

アドオンに問題が起きた場合、その情報をマイクロソフトなどの製作会社に報告することができます。

アドオンの必要性

アドオンとは、もともとのソフトウェアーに様々な機能を追加できる仕組みであるが、後から追加できるという性質上、不具合や問題を起こす場合も多い。アドオンとはそもそも、ユーザーからのフィードバックを元に新たなニーズに柔軟に対応するために作られた概念であるが、パソコン初心者にとっては理解が難しく、ソフトを利用する上での敷居を高くしてしまっているとも言える。

学ぶ ネット用語

スポンサード リンク