マーケティングとは

マーケティングとは、企業・顧客双方にとって最適な市場を創造する活動のことである。

マーケティングとは、企業などが顧客との対話の中でお互いの理解を深め合い、双方にとって最適となるような市場を創造しようという活動のことである。一般的には企業の利益のみを追求する”宣伝”や”販売促進”などの意味と捉えられやすいが、これは誤りである。本来のマーケティングとは、以下のような様々な要素を含んだ総合的な概念である。

営利活動のみに留まらない

マーケティングとは、一般に営利活動を行う企業のためにある概念だと捉えられるが、本来の意味のマーケティングにはNPOなどの営利を目的としない組織をも含むものである。

グローバルかつ長期的な視野

マーケティング活動の目指すべきところは、目先の利益や盲目的な一企業の利潤などではない。経済活動の中で見過ごされがちな地球環境の保護や、将来に渡って永続的に存続可能な長期的視野に立つことが望まれる。

公正かつ公平な利益の追求

また、顧客を無視した企業利益の追求ではなく、顧客との間に相互理解・かつ信頼関係を見出し、公正かつ公平な利益を追求しようというのが本来の立場である。この考え方は共生マーケティングへと繋がっている。

潜在的な市場の活性化

『単純に顧客の求めるものだけを提供していては、いつか市場は衰退してしまう』という事を前提に、表面に現れない潜在的なニーズ(需要)を見つけ、掘り起こし、さらにそこから新たな市場を生み出そうというのがマーケティングの中心的な役割である。


話題のキーワード 2016

新着キーワード

学ぶ 経済用語

学ぶ 世界経済