SIMフリーに向いてる人、向いてない人

SIMフリーに向いている人

とにかく毎月の通信費を安くしたい人

SIMフリーに感心を示す人のほどんどが、毎月の通信費を抑えたいと思っているのではないでしょうか?SIMフリーの最大のメリットが運用コストを節約できることにあるわけですから、当然と言えば当然です。安くしたいという動機が強ければ強いほどSIMフリー端末を利用するのに向いていると言えるでしょう。

節約するためなら学ぶ労力を惜しまない人

ただし、SIMフリースマホで節約をするためには、それ相応の情報収集と手間暇がかかります。使用中に万が一トラブルが発生したとしても、ある程度は自分自身で解決できるだけの問題解決能力が求められます。

いつも容量が余って勿体ナイと思ってる人

大手キャリアのパケット定額サービスは容量別に3タイプほどしか用意されていません。しかも格安SIMに比べて割高な料金設定のため、毎月の容量を使い切っていない人にとっては非常にモッタイナイと感じるでしょう。格安SIMであれば各社さまざまな料金プランを用意しているため、いつも容量が余って仕方ないと感じている人にとって最適なプランが見つかるはずです。

同じ機種を長年使い続けるタイプの人

大手キャリアの料金は2年ごとに新機種に乗り換えることを前提に作られているため割高な価格設定となっています。つまり、同じ機種を何年も使い続ける人にとっては余計な料金を払わされているのと同じことになるわけです。格安SIMの料金には端末の代金が含まれていないため、古い機種を長く使えば使うほど、トータルでみたコストは安くなると言えます。

SIMフリーに向いていない人

店員さんに色々教えてほしい人

SIMフリーのスマートフォンやタブレットは、キャリアとは無関係に販売されています。そのため、使い方がわからないなどのトラブルがあった場合でも、基本的なこと以外は販売店からサポートを受けられないと思っておきましょう。

ケータイをよく紛失したり破損させちゃう人

過去にケータイを紛失したり破損・水没させた経験のある人はSIMフリーに向いていないかもしれません。キャリアで購入した端末であればそのような場合でも同等の機種を安くで買えたり、代替機を貸し出してもらえたりするサービスが存在します。しかし、SIMフリー端末を壊してしまった場合は、実費で修理に出すか改めて新品を購入しなければなりません。

メールアドレスが変わると困る人

格安SIMに変更した場合、ドコモなどで使っていたキャリアメールは使えなくなります。そのため、長年そのアドレスを使っていてたくさんの人に教えてしまっている様な人にとっては、SIMフリーは向いていないと言えるかもしれません。

2年ごとに機種変する人

格安SIMと併用することで大きな節約効果を望めるSIMフリーですが、運用の仕方によっては逆に出費を増やしてしまう場合もあります。それは頻繁に機種変更をする様な場合です。キャリアで機種変をする場合は、さまざまな割引の適用により実質無料に近い価格で購入できますが、SIMフリーの場合は毎回数万円の出費を伴うため、このような場合にはSIMフリー運用はあまり向いていないと言えるでしょう。

通話を長時間使っている人

MVNOの提供するプランの多くは、無料通話を含んでいない料金設定となっています。そのため通話時間が長くなればなるほど、節約効果が薄れてしまいます。大体一月の通話時間が80分を超える人はむしろキャリアの通話定額プランに入る方がお得になるようです。



話題のキーワード 2017

学ぶ スマホ用語(1)

学ぶ ガラケー

学ぶ スマートフォン

学ぶ クラウド用語

学ぶ PC用語

学ぶ ネット用語