とはサーチ - 様々な言葉の意味を初心者にも分かりやすく解説
【とはサーチ】は2020年10月で10周年を迎えました!

ドメインとは?初心者にわかりやすく意味を解説

2021年1月6日 [更新]
ここから本文です

ドメインの意味

ドメインとは、ホームページやメールアドレスを作成するための「世界に一つだけの名前」です。

「インターネット上の住所」と表現されることが多いですが、好きな名前を指定できるので「会社名やサイト名」に近い性質のものと考えた方がわかりやすいかもしれません。

日本語ドメインという特殊なドメイン名もありますが、基本的にはアルファベットで書くのが国際標準となっています。

ドメインとは

ドメインの仕組み

一般的に、ホームページアドレスはhttp://www.toha-search.com/のように、メールアドレスはmail@toha-search.comのように記述されますが、この中の「toha-search.com」の部分がドメインです。

このドメインの前後に様々な文字列を加えることで新規アドレスを追加していくことができますが、ドメイン名は固定されたままで後から変更することはできない仕組みになっています。

独自ドメインとは?

独自ドメインとは、ブログやWebサイトを作る際に取得できるオリジナルなドメインのことです。

無料でブログやホームページが簡単に作れるサービスはいろいろありますが、そこで取得できるドメインは他社ドメインをレンタルしているだけで独自ドメインではありません。

独自ドメインのメリット

独自ドメインの最も大きなメリットは、サイトの所有権を持てるということです。無料ドメインをテナントに例えるのなら、独自ドメインは自社で所有しているビルのようなイメージです。

その他にも、独自ドメインには「好きな名前をつけられる」「ユーザーから認知されやすい」「オリジナルのメールアドレスを発行できる」「サイトを移転しても同じドメインを使い続けられる」「無料サービスの終了に伴いサイトが消失するリスクがない」など沢山のメリットがあります。

独自ドメインのデメリット

独自ドメインのデメリットは「料金」「管理」「個人情報」の3点です。ほとんどの独自ドメインはレンタルサーバーなどを提供している会社を通じて有料で取得するのが一般的となっています。

支払い方法はクレジットカードによる月払い・年払いが中心ですが、支払いの更新手続きを忘れてしまうと最悪の場合ドメインの所有権を失ってしまう場合があるため注意が必要です。

また、独自ドメインには所有者の「名前・住所・メールアドレス」といった個人情報がWhois情報という名前で公開されるルールがあります。

ドメイン取得に関するQ&A

ここから先は、初心者の方が抱くかもしれないドメイン取得に関する疑問にQ&A形式で答えていきます。

1)独自ドメインの設定は素人でもできますか?

独自ドメインを提供している会社HPには必ず設定マニュアルやQ&Aが用意されています。

通常はそれらを熟読することで初心者でも設定できると思いますが、ネームサーバ・DNSサーバなど専門用語が多いのも事実です。

ドメイン設定はWebサイト運営の根幹をなす要素なので、パソコンに不慣れな方は信頼のおける外部の方に依頼するのが無難かもしれません。


2)独自ドメインの料金相場はいくらぐらいですか?

サービス会社やドメインの種類によってまちまちですが、年間1000円程度から取得できます。

初年度に限り100円前後の低価格で提供している会社もありますが、高いもので数十万円するものもありピンきりなのが実情です。

3)複数ページ作りたい場合はドメインも複数必要になる?

いいえ、必要ありません。ドメインは1つ取得するだけで、ドメイン下にサブディレクトリを設定するなどして複数のページを配置することが可能です。

また、http://sub.toha-search.com/のように、ドメインの上に別の文字列を追加することでサブドメインという別ドメインを作ることもできます。

ドメイン取得でよくあるトラブル

ドメインはWebサイトの所有権そのものと言っても過言ではなく、土地で言えば登記簿、会社で言えば株式に相当する大変重要なモノです。

ホームページ制作会社などへWebサイトの管理・運営を代行・依頼する場合は、ドメインの所有権について慎重に検討しないと後々大きなトラブルになる危険性があります。

1)ドメインの更新を忘れるとサイトが消える!?

まず、ドメインのトラブルでよくあるのが更新手続きを怠ったことによるサイトの消失です。

ドメインは一般的に一年ごとの契約更新になっている場合が多く、更新日前には必ずドメイン管理会社からメールでお知らせが届きます。

しかし、このメールをうっかり見落としていたりすると気付かないうちにドメインの期限が切れてしまうケースがあるのです。

ドメインの更新には「自動更新」や「数年分を先払いする方法」があるので不安な方はそちらを検討してみてもいいかもしれません。

2)ドメイン取得を業者に丸投げしてトラブルに!?

次に、ドメインに関してトラブルが想定されるケースが、ドメイン管理までを含めてホームページ運営を外部の業者に依頼してしまった場合です。

たとえば、サイト運営を依頼していた業者の対応や料金に不満がでた場合、ドメインを握られていると他社へ再委託するのが困難になるケースがあります。

サイトを別会社の管理サーバへ移動するにはドメインの移管手続きというものが必要になる場合があり、それを理由に高額の手数料を請求されるといった事例も存在します。

また、万が一ホームページ制作会社が倒産してしまった場合には、ドメインを取り戻すための手続きが非常に困難になるケースが想定されます。

3)ドメインは高値で売れることもあります

ドメインには、土地や株と同じように市場価値が存在します。なぜなら、同じドメインを長年運用することによって検索エンジンで上位表示するための評価が蓄積されるからです。

この評価をドメインパワーもしくはドメインオーソリティと呼び、SEO対策を行う上で非常に重要な要素の一つとなっています。

また、短くて覚えやすいドメイン名や一般名詞を使ったドメイン名なども市場価格が高く、こうした人気のドメインを売買する中古ドメインという市場が存在することも頭に入れておく必要があります。

4)ドメインは可能な限り自ら管理した方が安心

以上、ドメインとは何か?といった基本的な部分からドメインの価値や重要性について解説してきました。

ドメインの取得や設定はたしかにITに慣れない初心者にとっては少しハードルの高い分野かもしれません。

しかし、上記のようなトラブル事例があることも念頭においた上で、可能な限りドメインは自分名義で契約しておくことをお勧めします。



カテゴリ・検索

新着キーワード(1)

新着キーワード(2)

人気キーワード(1)

人気キーワード(2)

学ぶ Web(ウェブ)

学ぶ ホームページ

学ぶ SNS

学ぶ アカウント(1)

学ぶ IT用語

学ぶ アプリ

学ぶ スマホとアイフォン