とはサーチ - 様々な言葉の意味を初心者にも分かりやすく解説
このサイトが気に入ったら気軽にシェア・リンクしてください!

ステマとは?

ここから本文です

ステマの意味

ステマとは、主にSNSなどのソーシャルメディアにおいて、宣伝の意図を隠した状態で行われる宣伝行為を意味します。

日本語で「こっそり」を意味する「ステルス」と、「販売戦略」を意味する「マーケティング」を組み合わせたステルスマーケティングを略したネット用語です。

ステマの具体例

ステマは大きく分けて「食べログなどの口コミサイトに一般人を装って高評価の書き込みをする」タイプと、「有名人などに謝礼を払って宣伝まがいのブログ記事を投稿させる」タイプの2種類に分けられます。

どちらにも共通するのは、企業側の自演・ヤラセ行為であり、飲食店などに偽の客を並ばせて行列を装うサクラ行為と同様の手法とみなされています。

ステマと芸能人

ステマの中心的な存在といえば、インフルエンサーとも呼ばれる芸能人や有名人です。

特に有名なのは、2012年に起きたペニオク詐欺と呼ばれる詐欺事件で、実際には落札できない仕組みのオークションサイトを、多数の芸能人が報酬を受け取った上で公式ブログ上で宣伝していたことが発覚し炎上騒動に発展しました。

この事件をきっかけにステマ=ステルスマーケティングという言葉が広く世間に認知されるようになり、アメブロを含む多数のWebサービスが利用規約の改定などステマ対策の強化を迫られました。

ステマの何が悪いの?

ステマの一番の問題は「宣伝や広告であることを隠している」という点であり、消費者の側からすれば「騙された」という感覚になる点です。

さらに、ステマを行っているのが企業自らであっても有名人であっても、「消費者を騙した」結果「金銭的な利益を得ている」という点がモラルや倫理に反すると感じる人が多くなっている理由だと考えられています。

どこからがステマ?

ステマの線引は非常に難しく、結論を言えば「消費者が騙されたと感じるかどうか?」だと言えます。

例えば、日本語で「広告」と表記するのではなく英語で「AD」や「PR」と表記した場合でも、その言葉の意味を知らない人からすればステマだと感じる可能性は十分にあります。

また、芸能人や有名人のインスタグラム上にアップロードされた写真においても同様のことが考えられます。

たとえば、直接的に商品を褒めたりオススメしてるコメントがなくただ単に商品が写り込んでいただけであっても、企業との関係次第ではステマと受け取られる可能性は0ではありません。



カテゴリ・検索

新着キーワード(1)

学ぶ SNS

人気のスマホ用語(1)

人気のスマホ用語(2)

学ぶ Web(ウェブ)