フィーチャーフォンとは?

フィーチャーフォンとはスマホ以前のケータイのこと

フィーチャーフォンとは、爆発的な普及を見せているスマートフォン(=スマホ)と区別する形で、それまでにあった普通の携帯電話のことを指します。二つ折りの形状として進化してきましたが、スマートフォンの普及にともない生産の終了が決定しています。

フィーチャーフォンで培った技術は形を変え残ることに

しかし、おサイフケータイ・ワンセグ・防水などのガラパゴス機能に対する根強い需要もあり、今後はガラホやガラスマという新しいジャンルを模索していくことになりそうです。

根強い支持を得るガラケーの魅力とは?

日本では2007年以降スマートフォンの急速な普及が進み、「先進的なスマートフォン」と「時代遅れのガラケー」というイメージが定着し始めます。

しかし、そうした状況の中、「バッテリー消費が早い」「重い」「ソフトキーボードが打ちにくい」などスマホの欠点が明らかになります。

さらに、スマホと比べて割安なプランが選べるという事もあってガラケーの魅力が再認識される事となります。

ガラケーをフィーチャーフォンと言い換えて負のイメージを払拭

そこで、それまでにあったマイナスのイメージを払拭しようと付けられた名前がフィーチャーフォンなのです。

フィーチャー(feature)とは「特徴」とか「特色」といった意味の英単語ですが、辞書で調べると以下の様な非常にプラスのイメージを持った言葉であることが分かります。

ちなみに、「feature phone」は「フィーチャーフォン」であり、フューチャーフォンと読むのは誤りです。

featureの意味

  出典:featureの意味(goo辞書)


従来型のフィーチャーフォンは生産終了

ドコモをはじめ日本の大手メーカーは、2017年以降フィーチャーフォンの生産を終了すると発表しています。

フィーチャーフォン用の部品を調達するのが困難になったことや、専用のOSやアプリを開発するにあたっても費用対効果が低くなってきなことなどを理由にしています。

次世代フィーチャーフォン

2015年に、アンドロイドなどのスマートフォン用OSを搭載した次世代フィーチャーフォン(ガラホ)が発売されました。

物理的な10キーや、折りたたみ式の形状を維持したまま、OSをスマホ用に変更し、各種サービスに統一性を持たせる狙いがあるようです。

まとめ

ここまで読んでくれた皆さんならすでにお気づきだと思いますが、フィーチャーフォン=ガラパゴス携帯=ガラケーなのです。

指しているものはどれも一昔前の多機能携帯のことで、ネガティヴに表現するかポジティヴに表現するかの違いなんです。

フィーチャーフォンがスマートフォンに取って代わられるのは時間の問題ですが、私はまだまだフィーチャーフォンを愛用していきたいと思います。


話題のキーワード 2017

学ぶ iPhone

学ぶ スマホ用語(1)

学ぶ OS

学ぶ アプリ

学ぶ 格安SIM

学ぶ ネット用語

学ぶ スマホ用語(2)

学ぶ SNS

学ぶ スマートフォン