とはサーチ - 様々な言葉の意味を初心者にも分かりやすく解説
【とはサーチ】は2021年10月で11周年を迎えました!

SNSとは?やり方・見方・使い方をわかりやすく解説

2022年5月16日 [更新]
ここから本文です

SNSの意味

SNSとは会員制交流サイトのこと

SNSとは、ソーシャルネットワーキングサービス(Social Networking Service)の略で、日本語で「会員制交流サイト」と表現します。

SNSとは会員制交流サイトのこと

SNSは、スマホやパソコンを使ってオンライン上で人間関係を構築することができるため、別名「ネット交流サービス」と呼ばれることもあります。

ブログや電子掲示板にも似ていますが、SNSでは特に、情報の「発信・共有・拡散」といった機能に重きを置いているのが特徴です。


SNSの種類

SNSの種類
  • ツイッターに代表される短文SNS
  • フェイスブックに代表される日記SNS
  • インスタグラムに代表される写真SNS
  • ラインに代表されるチャットSNS

など、SNSには実にさまざまな種類のSNSがあります。

SNSの種類

この4種類に動画SNSであるYoutube(ユーチューブ)を加えた5種類が日本で最も人気のあるSNSになります。


SNSを見るにはどうすればいいの?

SNSを見る方法

SNSの見方には大きく分けて「@アプリから見る方法」と「Aブラウザから見る方法」の2種類があります。

SNSを見る方法

アプリでSNSを見るには、アカウント作成やログインなど少しハードルの高い作業が必要になりますが、ブラウザから検索する方法であればとても簡単にSNSを見ることができます。

わざわざSNSアプリをインストールしなくても「ツイッター 総理」「フェイスブック 首相」と検索するだけで上のスクショ画像のようなウェブページを見ることができます。


SNSの仕組み

SNSの仕組み

SNSに書き込んだり情報発信をするには、なりすましを防ぐ観点から登録制となっていて、登録された本人以外が投稿できない仕組みになっています。

SNSの仕組み

SNSの登録方法は、メールアドレスや携帯電話番号などを使ってSNSアカウントを作成することで会員登録できる仕組みになっています。

ただし、非公開などの設定をしない限り発信した日記や文章・写真はインターネット上に公開されてしまいます。

つまり、検索することで誰でも閲覧が可能な状態になるため注意が必要です。


SNSって無料で使えるの?

無料SNSと有料SNS

人気SNSの多くが広告収益で運営されているため、有名SNSは通信料金を除いて基本的に無料で使えます。

無料SNSと有料SNS

ただし「広告の非表示」「投稿の取り消し」など、一部のヘビーユーザー向けの機能は月額数百円から1000円程度の有料制やサブスク課金になっている場合もあります。

また、出会い系や婚活・お見合いなどのマッチングアプリ系のSNSは有料のものが多くなっていて、 閲覧は無料としつつも個人的なメッセージを送る時だけ料金が発生するSNSサービスもあります。


SNSのやり方

SNSのやり方

SNSのやり方には、アプリをダウンロードして使う方法とWebブラウザから利用する方法の2種類があります。

パソコンから利用する場合は、Chrome(クローム)やEdge(エッジ)といったブラウザから各SNSサイトにアクセスして利用します。

SNSのやり方

スマホで利用する場合であれば、アプリをインストールして使うのが一般的ですが、Safari(サファリ)などのブラウザから利用することも可能です。

いずれの場合でも、アカウントを作成しSNSに登録することでフォローや投稿などの本格的な利用が可能になります。


SNSで何ができるの?

SNSで出来ること

SNSでは、文章や写真を投稿する以外にも「@プロフィールの作成」「Aフォロー」「Bコメント」「Cいいね」「Dグループの作成」「EDM(ダイレクトメッセージ)」などができます。

SNSで出来ること

プロフィールでは、名前(本名もしくは仮名)・年齢・居住地域(都道府県)・職業・趣味や所属団体などを公開したり、顔写真などのアイコンを設定してアピールしたいことを自由に書きます。

プロフィールや投稿を見て気になった人がいれば、フォローをすることでその人の情報を積極的に受け取ることもできます。


SNSのコミュニケーション機能

さらに、感銘を受けたり疑問を感じた場合には、コメント機能を使って意見を追加したり質問をすることができます。

不特定多数に見られると困るような込み入った内容の場合は、DM(ダイレクトメッセージ)を使って個人的な会話をすることも可能です。

共通の趣味や目的を持った人たちが複数人いれば、メンバーを招待・追加してグループを作成することもできます。


SNSでトラブルになったら?

SNSのトラブル対策

SNSで交流していてトラブルに発展しそうになった場合には「@ブロック」「Aミュート」「B鍵アカウント」「C通報」といった機能を使って対処することができます。

SNSのトラブル対策

ブロックをすると、お互いのフォロー関係が解除され、ブロックされた人が相手の投稿にアクセスすることが不可能になります。

ミュートをすると、お互いのフォローは継続した状態のまま、相手の投稿やコメントが非表示になり不快な投稿が見えなくなります。


SNSで誹謗中傷されたら?

鍵アカウント(鍵垢)に設定すると、自分のアカウントが非公開になりフォロワー以外から閲覧されない状態になります。

通報するとSNSの運営会社に誹謗中傷などの被害情報が報告され、「悪質な投稿の削除」や「攻撃的なアカウントの削除」が行われる場合があります。

個人での対応に限界を感じた場合は「誹謗中傷ホットライン」などの外部機関に問い合わせることで専門家の協力を得られることも覚えておくと安心です。


こちらも読まれています - 人気の関連ページ

【SNSのやり方】

SNSのやり方はみなさんが想像している以上に簡単です。 スマホ・パソコンを使い始めた初心者の方でも「SNSを始めるための4ステップ」に沿って行えば30分程度で利用開始できます。「SNSを選ぶ」「登録する」「プロフィールを作る」「投稿する」の4ステップに従うのが基本となります。 続きを読む


【日本で人気のSNS9種類の特徴】

2021年現在、スマホの普及も相まって毎年のように新しいSNSが登場する時代になりました。 そこでこのページでは、世界的に人気のあるSNS5種類はもちろんのこと、音声SNSやライブ配信SNSなどのニュータイプSNSを加えSNSの種類を一覧形式で総まとめしてみました。続きを読む


【SNSを簡単に見る方法】

SNSの見方には大きく分けて「@アプリから見る方法」と「Aブラウザから見る方法」の2種類があります。アプリでSNSを見るためには、インストールやアカウント作成・ログインなど少しハードルの高い作業が必要になります。そこでこのページでは「とりあえず見るだけで良い」という初心者のためにブラウザから検索して簡単に見る方法を解説します。 続きを読む



カテゴリ・検索

新着キーワード(1)

新着キーワード(2)

人気キーワード(1)

人気キーワード(2)

学ぶ スマホとアイフォン

学ぶ アカウント(1)

学ぶ OS

学ぶ SNSの雑学

学ぶ Web(ウェブ)

学ぶ オンライン

学ぶ Eメール

学ぶ SNS

学ぶ SNSと○○の違い

学ぶ SNSの種類