とはサーチ - 様々な言葉の意味を初心者にも分かりやすく解説
このサイトが気に入ったら気軽にシェア・リンクしてください!

ソーシャルハラスメントとは

意味

ソーシャルハラスメントとは、SNSを中心とするソーシャルメディア上の「嫌がらせ行為」を意味します。

主に職場の上司や同僚などを加害者とするパワーハラスメント(パワハラ)の一種と定義されますが、広くインターネット上を舞台とする嫌がらせ行為全般のことを指す場合もあります。

ソーハラとも略され、一般的に女性の方が被害に合う(合っていると感じる)ケースが多いようですが、立場や性格によっては男性が被害者となるケースもあり、オンライン上の人間関係にまつわる社会問題として近年急増しています。

具体例

ソーシャルハラスメントに該当すると考えられる例としては、「Facebookにおける”いいね”の強要」「一方的な友達申請」「全ての投稿に逐一目を通しコメントをつける」「SNS上の投稿について職場やリアルな場で話題にする」など、被害者側が苦痛と感じる行為全般であり、一般的な定義は難しいようです。

また、定義が定まっていない現状、明確な法律やガイドラインの制定も遅れているのが実状です。

原因と対策

ソーシャルハラスメントが起こる原因としては、加害者側の「ソーシャルメディアに対する理解不足」「コミュニケーションやプライバシーにおける文化の世代間ギャップ」などが挙げられます。

個人で出来る対策としては「裏垢(裏アカウント)や複垢(複数アカウント)を使い仕事とプライベートを分ける」「SNSの公開設定を上手く利用する」などが考えられます。

また、企業であれば、SNSに関わる「社内ルール」を設けたり、「セルフチェック」を用意するなど未然にトラブルを防ぐ方策が求められます。



カテゴリ・検索

学ぶ SNS

学ぶ アカウント

人気のスマホ用語(1)

人気のスマホ用語(2)