リスクマネジメントとは

リスクマネジメントとは、様々な危険や損失を最も効率よく回避しようとする手法である。

具体的には、『リスクの分析 → リスクの評価 → 対処すべきリスク要因の優先順位を決定 → リスク対処におけるコストパフォーマンスを評価 → リスク改善策の実行』という過程を経て行われるマネジメント手法の一種。また、経済的な損失に備えてリスクファイナンスという手法が取られることも多い。


リスクマネジメントのプロセス

リスク分析

まずリスク因子の特定、そしてリスク発生の頻度や被害の大きさを分析・評価する。

リスクアセスメント

次に、リスク対処にかかるコストや結果を分析し、対処する優先順位を決定する。

リスクファイナンス

最後に、実際にリスクが発生した場合の経済的損失に備えて様々な保険の検討・加入を進める。

PDCAサイクル

さらに、これらのプロセスは品質管理の現場で主に用いられるPDCAサイクルという手法をとる。具体的には、以下の様な流れとなる。

  1. Plan(計画):過去の実績や未来の予測をもとにして業務計画を作成する。
  2. Do(実施・実行):計画に沿って業務を行う。
  3. Check(点検・評価):業務の内容が計画通りかどうかを確認する。
  4. Act(処置・改善):計画から反れた箇所を調べて改善をする。

話題のキーワード 2016

新着キーワード

学ぶ クラウド用語

学ぶ 円高・円安

学ぶ 世界経済