IMEIとは

IMEIとは、1台ごとに割り当てられた携帯電話の製造番号のこと

格安SIMの登場で注目度の上がっている中古スマホですが、中古ショップでスマートフォンを購入する際に必ずチェックした方が良いことが1つあります。

それが、IMEI番号です。IMEIとは、ガラケーやスマートフォン・タブレット端末など、全ての通信機器に付けられた国際的な識別番号のことです。

15桁の数字からなり、端末一台一台を識別できる製造番号なので、海外では盗難防止の目的でも利用されています。

IMEIの確認方法

確認方法(1)

携帯電話の裏ブタを外し、さらに電池パックを取り外すと小さい字で色々と書かれた面が出てきます。そこの、バーコードの下、「35XXXXXXXXXXXXX」と書かれた数字がIMEIになります。文字が小さいので年配の方には少し見づらいかもしれませんね。

確認方法(2)

iPhoneであれば、こちらの確認方法の方が簡単でしょう。画面の設定アイコンをタップし、機内モード・wi-fi・・・と読み進めて「おやすみモード」の下、一般をタップします。その一番上、情報をさらにタップすると、色んな情報が出てきますが、その中の下の方にIMEIと書かれた15桁の番号が確認できます。

確認方法(3)

最後は、全ての携帯電話・スマホで使えて最も簡単な確認方法だと思います。電話をかける画面で「*#06#」と入力するだけです。

中古スマホを買う前は必ず赤ロム診断

ドコモ・au・ソフトバンクの各キャリアでは、IMEI番号を入力することで赤ロムかどうかを判別できるサービスが用意されています。

白ロムとして販売されているものでも、購入後に赤ロム化してしまう事例がいくつも報告されています。

特にネットオークションで落札する際にはIMEIで赤ロムチェックをするのは必須だと覚えておきましょう。

ネットワーク利用制限の確認サイト

上記サイトの診断結果には以下の4パターンがあります。

利用できます(ネットワーク利用制限の対象ではありません)ほぼ白ロム判定と考えていいでしょう。

利用できます(ただし、盗難・不正契約・代金債務の不履行の場合は制限される可能性があります)端末の分割払いが残っている場合に表示されます。

  

ネットワーク利用制限中です。この表示が出た場合は確認中の端末が赤ロムであるということになります。

製造番号が確認できません。この表示が出た場合は、メーカー修理などを経て交換対応をした結果、IMEI番号が変わってしまった可能性があります。

  



話題のキーワード 2016

学ぶ スマホ用語(1)

学ぶ ネット用語

学ぶ ガラケー

学ぶ IT用語

学ぶ クラウド用語

学ぶ PC用語

学ぶ モバイル通信