タブレット・スマホ・ノートパソコンの違いとは?

タブレットとスマホの違い

このページでは、タブレットの購入を検討している初心者の方を対象に、『タブレットとスマホの違い』『タブレットとノートパソコンの違い』をわかりやすく解説しています。

タブレット=大きいスマホ? それ間違いです

タブレットとスマホの違いは大きく分けて2つあります。1つ目は画面サイズです。

スマートフォンが4インチ〜5インチ程度であるのに対して、タブレットは7インチ〜10インチ以上もあります。

そのため、タブレットのことを大型のスマホと勘違いしている人も多いと思いますが、それは違います。

タブレットとスマホには決定的な違いがある!?

実はスマホにあってタブレットにはない決定的な機能の差というものが存在します。

それが2つ目の違いとしてあげられる『通話機能の有無』です。スマートフォンはフォン(Phone)の名の通り、あくまでも電話をベースに作られているので、ある程度小型であることが望まれています。

タブレットの方が安いのはなぜ?

しかし、タブレットには通話機能がついていないため、その分開発が容易であったり低コストで製造できるのです。

そのため、端末本体の価格だけで見た場合、総じてタブレット端末の方が安いという傾向があるのです。

タブレットとノートパソコンの違い

続いて、タブレットとノートパソコンの違いを見ていきましょう。

タブレットの中には取り外し可能なキーボードが付属していて「これ一台でノートPCにもなる!」なんて宣伝している製品もありますよね。

そのため、「ノートPCと何が違うの?一台二役ならこれ買っとけば正解なんじゃないの?」と思ってる方も少なく無いと思います。

Bluetoothがあればキーボードやマウスも使えます

実はタブレットでもキーボードやマウスを接続して使うことはできます。

Bluetooth(ブルートゥース)で無線接続できる周辺機器はたくさん売られていますので、Bluetoothに対応しているタブレットであればマウスやキーボードを接続してノートパソコンの様に使うことも可能です。

OSが違うと使えるアプリも違ってくる!?

ただし、ノートパソコンと全く同じような使い方をしたい場合はOSの問題をクリアしなければなりません。

実はタブレットには3種類のOSがあって、そのうち2つはスマートフォン用に開発されたOSなんです。

つまりパソコン用のアプリが使えない可能性もあるということ。そのため、エクセルやワードなどwindows用のソフトを使いたい人はノートパソコンを選んだ方が無難だと言えます。

タブレットでオンラインゲームをするのは無理!?

また、タブレット用のOSはFlash Player(フラッシュプレイヤー)に対応していないので、アメーバピグなどのオンラインゲームがプレイできません。

モバイル版のアプリが用意されている事もありますが、PC版より機能が限定的で出来ることが限られています。

特殊な方法でPC版のゲームを動かす方法もあるようですが、そもそもタブレットは性能的にパソコンより劣るため、スムーズに動かなかったり満足のいくプレイがでいきない事も多いみたいです。

DVDの再生ができない?

ほとんどのノートパソコンにはDVDやブルーレイディスクに対応した光学ドライブが内蔵されています。

なので、市販されている映画やドラマのDVDはもちろんのこと、ビデオカメラで撮影した子供の運動会などの自作DVDも問題なく再生できます。

しかし、タブレットにはDVDドライブは内蔵されていないため、再生できるのはYoutubeなどの動画共有サイト、もしくはdTV・Hulu・Netflixなどの動画配信サービスに限定されます。



話題のキーワード 2017

学ぶ 格安SIM

学ぶ SIMフリー

学ぶ ガラケー

学ぶ iPhone

学ぶ OS

学ぶ SNS