とはサーチ - 様々な言葉の意味を初心者にも分かりやすく解説
このサイトが気に入ったら気軽にシェア・リンクしてください!

サブスクとは?(Subscription)

ここから本文です

サブスクの意味

サブスクとは、サブスクリプションの略で会員制の定額サービスを意味します。

古くは「雑誌の定期購読」や「アプリケーションの期間利用」から始まったとされますが、近年ではスマホの普及やIT化の波もありさまざまな業種でサブスク化が進んでいます。

サブスクの具体例

サブスクは主に音楽(music)や動画(movie)などのデジタルコンテンツを、スマートフォンやパソコンから利用するタイプのオンラインサービスが中心となっています。

以下はその一覧ですが、IoTや決済サービスの普及により飲食店のようにリアル店舗を構える業種でもサブスクリプション方式のサービスが次々と誕生しています。

サブスクで展開されているサービスの一覧

  • 音楽配信(邦楽・洋楽・プレイリスト)
  • 動画配信(映画・ドラマ・アニメ・コメディ)
  • 読書系(雑誌・マンガ・ビジネス書)
  • 飲食系(フレンチ・ラーメン・コーヒー)
  • 乗り物(自動車・バイク)
  • ファッション系(靴・バッグ・ネクタイ)
  • サービス系(ランドリー・写真プリント)
  • レンタル系(家具・家電・宝飾品)
  • アプリ系(ゲーム・office・ウイルス対策)
  • 人的交流(オンラインサロン・シェアハウス)
  • 宿泊系(ホテル・マンション・古民家)
  • 学習系(受験英語・英会話・幼児教育)
  • 相談系(医療・法律・占い)

サブスクは使い放題とは違います

サブスクはよく「使い放題サービス」と勘違いされるケースがありますが、それは間違いです。

実は、サブスクリプションとは英語で「Subscription」と書きますが、語源的には「使い放題」という意味は含まれていないのです。

実際は、サブスク=「一定期間」に応じて「一定額」を支払う「会員制」のサービスという解釈が正しい意味になります。


サブスク版と通常版

デジタルコンテンツ(動画・音楽・アプリ)や飲食サービスでは、サブスク版と通常版という風に料金形態を分けて展開しているケースがあります。

サブスク版が月額2000円といった定額サービスになる一方、全く同じコンテンツや商品を単体で購入できる通常版が同時に展開されている場合があるのです。

こうした支払い方式の違いをよく理解した上で賢く利用しないと、思ったよりも割高になってしまうリスクもあるため注意が必要です。

サブスクの基本

サブスクでは、初回利用時にアカウントを取得し会員登録するのが基本となります。

住所・氏名・年齢・性別などの個人情報をプラットフォームとなる企業に登録し、クレジットカード等を利用して自動的に料金が引き落としされるのが一般的です。

また、利用を開始した最初の月は無料となるなど、お試し期間が設けられていることも多く、この期間に解約をすれば一切料金がかからないサービスも多くなっています。

サブスクのメリット

サブスクの一番のメリットは、使い放題や食べ放題などの「○○放題」になるケースが多くあることですが、それ以外にも様々なメリットがあります。

例えば、自動車やスーツ・Yシャツのサブスクでは、3年で最新モデルに乗り換えができたり、常に毎回クリーニング済みの洋服が送られてくるサービスもあるのです。

また、オンラインサロンに代表される人的交流をウリにしたサービスでは、長期間在籍することにより新たな人脈や信頼関係を築けるといったメリットがあるとされています。

サブスクのデメリット

サブスクで最も注意しなければいけないデメリットは、金銭的な問題です。

一度アカウントを取得し契約をしてしまうと、解約手続きをするまで毎月料金が自動的に引き落としされてしまうからです。

特に、複数のサービスに登録したあと一部のサービスに飽きて利用しないままいると、契約していたことを忘れて何年間もずっと料金だけ払い続けていた、という事態にもなりかねません。



カテゴリ・検索

新着キーワード(1)

新着キーワード(2)

人気のスマホ用語(1)

人気のスマホ用語(2)

学ぶ SNS

学ぶ OS

学ぶ Web(ウェブ)

ブログ・SNSの関連ワード

学ぶ アプリ