テラベクレル

1テラベクレルとは、1兆ベクレルです。

1テラベクレル = 1000ギガベクレル = 100万メガベクレル = 10億キロベクレル = 1兆ベクレル

つまり、1テラベクレルとは1ベクレルの1兆倍なのです。

1979年のスリーマイル島原発事故で漏れた放射能は93000テラベクレル、1986年のチェルノブイリ原発事故で放出された放射性物質は520万テラベクレルと推定されています。一方、2011年3月11日におきた福島原発事故では37万〜63万テラベクレルの放射性物質が飛散したと見積もられている。チェルノブイリ事故の約1割だ。

2012年2月29日、福島原発事故で大気に放出された放射性セシウムは、3万〜4万テラベクレルに上ると発表された。2011年6月に経済産業省原子力・安全保安院が発表していた放出量は1万5000テラベクレルであるため、政府の試算の2〜3倍ということになる。



話題のキーワード 2017

新着キーワード

学ぶ スマホ用語(1)