とはサーチ - 様々な言葉の意味を初心者にも分かりやすく解説
【とはサーチ】は2020年10月で10周年を迎えました!

SNSとはどんな種類がある?SNS一覧と代表例を紹介

2021年7月28日 [更新]

代表的なSNS一覧

2021年現在、スマホの普及も相まって毎年のように新しいSNSが登場する時代になりました。

そこでこのページでは、世界的に人気のあるSNS5種類はもちろんのこと、音声SNSやライブ配信SNSなどのニュータイプSNSを加えSNSの種類を一覧形式で総まとめしてみました。

SNS一覧・SNSの種類
  1. 短文SNS(例)Twitter:世界3.4億人
  2. 日記SNS(例)Facebook:世界25億人
  3. チャットSNS(例)LINE:世界2.2億人
  4. 写真SNS(例)Instagram:世界10億人
  5. 動画SNS(例)Youtube:世界20億人
  6. 音声SNS(例)Clubhouse(クラブハウス)
  7. ライブ配信SNS(例)Pococha(ポコチャ)
  8. 質問SNS(例)ヤフー知恵袋

日本で人気のSNS9種類の特徴

日本国内で特に流行っているSNSの例を9つ、「利用しているユーザーの違い(年齢・性別・職業)」「できること(機能)の違い」「登録方法や仕組みの違い」から簡単に紹介していきます。

1)Twitter(ツイッター)の特徴

Twitterの公式ロゴ(アイコン)
  • 3.4億人が利用する世界最大の短文SNS
  • 日本国内では4500万人が利用
  • テキスト投稿は140文字まで投稿OK
  • 情報の拡散性にすぐれている
  • 匿名や複数アカウントの作成がOK
  • 13歳以上であれば誰でも無料で利用OK
  • 動画は140秒まで投稿OK
  • 2006年にサービス開始
  • アメリカのTwitter社が運営

2)Facebook(フェイスブック)の特徴

Facebookの公式ロゴ(アイコン)
  • 25億人のユーザー数を誇る世界一のSNS
  • 日本国内では2600万人が利用
  • 実名での登録が義務化されている
  • 匿名アカウントは禁止されている
  • 13歳以上であれば誰でも無料で利用できる
  • ビジネス利用やオンラインサロンとしての活用が多い
  • 日本ではユーザー数が減少している
  • 2004年にサービス開始
  • アメリカのFacebook社が運営
  • 2010年に映画化(題名:ソーシャル・ネットワーク)


3)LINE(ライン)の特徴

LINEの公式ロゴ(アイコン)
  • 日本で一番ユーザー数の多いSNSアプリ(8600万人)
  • アカウントを取得するには携帯電話番号が必要
  • 複数アカウントを取得するのが難しい
  • キャリアメールやSMSに近い使われ方をしている
  • 家族や友人など親しい間柄で利用されることが多い
  • 無料のビデオ通話が利用できる
  • スタンプや既読といった機能がヒットし急速に普及した
  • 利用推奨年齢は12歳以上とされている
  • 2011年にサービス開始
  • 日本のLINE株式会社が運営

4)Instagram(インスタグラム)の特徴

Instagramの公式ロゴ(アイコン)
  • 10億人のユーザーが利用する世界一の写真SNS
  • 日本国内では3300万人が利用
  • 匿名や複数アカウントの作成がOK
  • ハッシュタグ(#)を使った独自の文化が浸透している
  • 流行に敏感な20代〜30代の女性の利用者が特に多い
  • 企業から報酬を得てPRをするインスタグラマーが活躍
  • 13歳以上であれば誰でも無料で利用OK
  • 15秒動画のリール機能
  • 24時間で消えるストーリーズ機能
  • Facebookとの連携機能が豊富
  • 2010年にサービス開始
  • アメリカのFacebook社が運営

5)Youtube(ユーチューブ)の特徴

Youtubeの公式ロゴ(アイコン)
  • 20億人のユーザー数を誇る世界一の動画SNS
  • 日本国内では6500万人が利用
  • 13歳以上であれば誰でも無料で利用できる
  • アカウントを作成すれば動画のアップロードもできる
  • 15分以上の動画をUPするにはアカウントの確認が必要
  • 広告収益で生計をたてるユーチューバーが増加中
  • 2005年にサービス開始
  • アメリカのGoogle(グーグル)社が運営

6)Clubhouse(クラブハウス)の特徴

Clubhouse(クラブハウス)の公式ロゴ(アイコン)
  • 2021年に突如ブームとなった話題の音声SNSアプリ
  • サービス開始初期に招待制の制度をとっていた
  • 2021年7月21日に招待制が廃止され現在は誰でも参加可能
  • 登録の際には電話番号によるSMS認証が必要
  • 芸能人や有名人の利用者が多い
  • 実名での登録が義務化されている
  • 匿名や複数アカウントの作成はできない
  • 18歳未満は利用禁止
  • ルーム内の会話は録音禁止・メモるのも禁止
  • 2020年4月にサービス開始
  • アメリカのアルファ・エクスプロレーション社が運営

7)Pococha(ポコチャ)の特徴

Pocochaの公式ロゴ(アイコン)
  • ライバーと呼ばれる顔出し配信者のライブが中心
  • 毎日1000人が配信する国内最大のライブ配信SNS
  • ライブの視聴者はリスナーと呼ばれる
  • 配信時間に応じた時給と投げ銭の収益を受け取れる
  • ライバーの活動をサポートする事務所が存在する
  • 18歳未満は利用禁止(2021年から)
  • 18歳以上であれば誰でも無料で利用OK
  • 2017年にサービス開始
  • 日本のDeNA(ディー・エヌ・エー)社が運営

8)Yahoo!知恵袋の特徴

ヤフー知恵袋の公式ロゴ(アイコン)
  • 月に1000万人が利用する日本一の質問SNS
  • Yahoo! JAPAN IDを取得すれば無料で質問できる
  • Yahoo!知恵袋アプリ版は13歳未満は利用禁止
  • Yahoo!知恵袋Web版は年齢制限なし
  • 質問の内容によっては年齢制限がかけられる場合がある
  • 2005年にサービス開始
  • 日本のヤフー株式会社が運営

9)TikTok(ティックトック)の特徴

TikTokの公式ロゴ(アイコン)
  • 5億人が利用する中国最大の中華SNSアプリ
  • ショートムービーに特化した動画SNS
  • 15秒から最大60秒までの動画が投稿OK
  • 匿名や複数アカウントの作成がOK
  • 13歳以上であれば誰でも無料で利用OK
  • ライブ配信機能(TikTok LIVE)が2020年7月から開始
  • 2017年にサービス開始
  • 中国のByteDance(バイトダンス)社が運営


【SNSとは】

SNSとは、スマホやパソコンを使って人間関係を構築することのできるオンライン上のコミュニティサービスの総称です。SNS初心者のためにSNSのやり方・登録方法・始めるための5ステップを解説。SNSの意味・種類・仕組み・簡単に見る方法などSNSの基本をわかりやすく解説します。続きを読む



カテゴリ・検索

新着キーワード(1)

新着キーワード(2)

人気キーワード(1)

人気キーワード(2)

学ぶ SNS

学ぶ SNSの種類

学ぶ SNSの雑学

学ぶ Web(ウェブ)

学ぶ スマホとアイフォン

学ぶ インストールとダウンロード

学ぶ SMS

学ぶ アカウント(1)

学ぶ アプリ

学ぶ Eメール